天上寺五劫思惟紅葉.jpg

天上寺で祈る

​結婚式

 

大人数での結婚式はもちろん、ご家族数名、お二人だけでの結婚式も承っております。​

お早めにご希望日時をご連絡ください。

貸衣装や披露宴会場はございません。

本堂や桜・紅葉を背景に前撮りやフォトウェディングのみのご利用も可能です。

よくあるご質問もご覧ください

仏前結婚式の流れ

1.道場(しゃすい)・道場散華(さんか)

結婚式に先立ち、本堂内を聖なる水、清らかな華で荘厳します

2.新郎新婦・戒師入堂

新郎新婦ならびに結婚式を取り仕切る戒師が入場します

3.表白(ひょうびゃく)

仏様やご先祖様に両人両家の結婚式が行われることを報告します

4.告諭(こくゆ)

​戒師より新郎新婦へお祝いの言葉を述べさせていただきます

5.行華(あんげ)

仏典にあやかり、新郎5本、新婦2本の花を供え、結婚の証とします

6.灌頂(かんじょう)

仏様の聖なる水を頭上に頂き、心身を清めていただきます

7.授与寿珠(じゅず)・指輪交換

お寿珠(お数珠)を頂戴し、指輪の交換をしていただきます

8.日課勧奨(かんしょう)

毎日を和やかに生活するための日課をお授けいたします

9.誓漿交勧(せいしょうこうかん)・親族固めの儀

​新郎新婦は三三九度の儀を行い、ご親族となった皆様で乾杯いたします

10.誓詞朗読

新郎新婦はご本尊・戒師・参列者の前において誓いの言葉を朗読します

11.成婚奉告(ほうこく)

戒師が誓詞をご本尊の前に供え、結婚の成立を奉告します

12.戒師・新郎新婦退堂

​戒師ならびに新郎新婦が退場いたします