天上寺本堂屋根

天上寺について

小樽で南無阿弥陀仏のお念仏を弘めて一四〇年

春は桜が咲き誇り 秋は紅葉がきらめく

様々な花々や木々がお迎えします

天上寺門

歴史

大本山増上寺より開教師として北海道へ

渡った奥角智現・石上皆應両上人によって

明治13年開運町(現在の奥沢十字街辺り)

に函館中教院小樽出張所を設立

福田行大僧正台下を勧請開山として仰ぎ

同15年に天上寺と公称しました

同42年には増上寺より大本山小樽別院の

指定を受けましたがのちに返上しています

​本堂

開基当初は網元白鳥永作氏の番屋を譲り

受け本堂としていましたが、明治23年に

入船十字街に移転、本堂を新築しました

大正3年に現在地へ移転改築しており、

現在の本堂は130年前に建てられたもの

が残されています

石上皆應上人の出身地である長野善光寺

を模した入母屋妻入り造りで、二階建に

見えますが、一重裳階付という一階建の

建築形式です

天上寺本堂
天上寺本尊阿弥陀如来

御本尊

阿弥陀如来

およそ2.1メートルの座像です

脇侍には観音菩薩と勢至菩薩

大本山増上寺より招来したと伝わります

浄土曼陀羅

阿弥陀如来の西方極楽浄土のあり様を

『観無量寿経』に基づき具現化したものです

お浄土の美しさ、喜び、そして有り難さを

鮮明に伝えてくれます

天上寺浄土曼陀羅
天上寺鐘楼

鐘楼

世界平和の鐘(8月15日正午)

除夜の鐘(12月31日午後12時)

一般の方も鐘を撞くことができます

どうぞご参詣ください

​大広間

葬儀・法事をはじめ会食でもご利用いただけます

椅子席にて100名収容可能

ヨガなど各種教室でもご利用いただけますので

お問い合わせください

天上寺大広間